私が経営をしている店舗も最近では順調にお客さんを呼び込むことができるようになっています。
以前に比べるとやはり景気が上向きなのか、お客さんの数も増えてきていました。
仕事が順調であれば収入もしっかりと入ってくるし、気持ちにもゆとりを持つことができるようになっていました。
セックスレス夫婦ではありますが、家庭内が崩壊していると言う訳ではありません。
そのあとの関係は精神的な部分では今でもかなり良い感じであることは間違いがありません。
しかし、さすがに長い間連れ添った妻には、性的な魅力を感じることがなくなっているのです。
別の女性とのセックスは常に頭の中にはありましたが、行動に移すことがありませんでした。
家庭を崩壊させてしまうというのはもっとも怖い気持ちがありましたから、実際に別の女性と関係を持つまでには至らなかったのです。
しかし、妻に内緒で愛人を見つける事ができるのだったら、これは素晴らしいことではないかと思えました。
誰にも知られずに相手を見つけられて、若い女性との関係を楽しむ、毎日が興奮するものになるのですから素晴らしいものではないかと考えられました。
そんな生活を手に入れている経営者仲間が羨ましい気持ちでいっぱいになってきました。
その方法と言うものを何としてでも仲間から聞き出さなければならない、そんな気持ちばかりが膨らんでいくのでした。
若い女性と激しいセックス、考えれば考えるほど体が震えるような気分になってしまったのです。
女性に毎月手当を出すぐらいの収入は得られていますから、知り合うきっかけさえあれば愛人という関係を作れることは間違いがあります。
そのきっかけ作りの方法を、経営者仲間から聞き出すために個人的に酒に誘おうかと思いました。